2020年

野村の歴史・自然遺産を巡るスタンプラリー大会(11月8日)

  • 野村地区まちづくり協議会の前身である野村地区コミュニティは、本年設立40周年を迎え、これを記念して、公募により決定した野村町章を基軸スタンプとして、下記の通り野村の歴史・自然遺産を巡るスタンプラリー大会を開催致します。
  • 地元の人々との交流を通して、地域の自然と歴史を学び、コロナウイルスに負けない免疫力をウオーキングで獲得出来る様に企画致しました。又、現実にアクティブラーニングが出来る様、当日ラリー参加の感想文、写生画や写真の作品も募集しています。(審査発表は3月7日)。また、歴史博物館では、展示中の「日本書紀編纂1300年展」を見学します。
  • どうか、多くの方々がご参加頂きますようお待ちしております。
  • コース
  • ①豊臣秀吉本陣跡(野村地区コミュニティセンター)⇒②一里塚⇒③忍山神社(傘鉾)⇒④慈恩寺(阿弥陀如来)⇒⑤宗英寺(大銀杏)⇒⑥歴史博物館(日本書紀編纂1300年展)⇒野村地区コミュニティセンター(終着)
  • (⑥を除く4Kmコースと完歩6Kmコース、駐車場、トイレ有)
  • とき:11月8日(日)、受付午前10時~正午、雨天決行
  • ところ:野村地区コミュニティセンター(出発/終着)(野村3丁目10-9)
  • 当日の参加結果は、町内から74名、町外から31名、市外から8名 合計113名の参加があり大盛況に終わりました。

菊花展(11月7~8日)

  • 今年の菊花展は、15名46鉢の出展がありました。綺麗な菊が見れて心が和みます。

令和元年度亀山市地域活性化支援事業報告会(10月27日)

  • 亀山市地域まちづくり協議会連絡会議情報交換会が亀山市社会福祉センターで開かれ10か所のまち協から事業報告がなされました。野村地区まちづくり協議会からは、「介護予防・病気予防活動の充実による健康づくり」を発表しました。野村まち協の各イベント活動について視聴覚設備(プロジエクター、書画カメラ、スクリーン)を新設し活用することで健康づくり活動の充実に寄与致しました。

    ぴよぴよサロン(10月25日)

    • コロナ禍で思うようにコミュニティの行事ができません。そのうっぷんを晴らすかのように沢山の親子が集まり室内でミニ運動会を楽しみました。元気な姿が見れて良かったです。

グランドゴルフ大会(10月24日)

  • 晴天に恵まれ第9回野村地区まちづくり協議会のグランドゴルフ大会は、体育部主催で櫻井市長、
  • 長田県会議員、岡本市議会議員のご挨拶の後、60名が2グループに分かれてプレーを楽しみました。
  • いきいきサロン(10月22日)

    • 本日のいきいきサロンは、大画面を使って下記の項目を実践しました。
    • 1.アニメ「トムとジェリー」をみよう
    • 2.じゃんけん遊びをしよう
    • 3.懐かしの童謡を歌おう
    • 4.動物体操をしよう

野村地区コミュニティ設立40周年記念祝賀会(10月17日)

  • 野村地区コミュニティ設立40周年祝賀会が、櫻井市長、長田県会議員、岡本市議会議員他のご出席を賜り感謝状贈呈(18名)、野村町章表彰式(4名)がとり行われました。最後にピアノ演奏を鑑賞しました。

広報のむら第142号訂正のお知らせ(令和2年10月8日)

  • 先日配布いたしました「広報のむら第142号」の記載内容に誤りがございました。つきましては、下記の通り訂正をさせていただきます。
  • ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。
  • <訂正箇所>裏面 第15回野村地区敬老会 5行目
  • (誤)(女)96歳の岡本町子さん(野村)、櫻井たまゑさん(野村)です。
  • (正)(女)97歳の櫻井たまえさん(野村)です。
  • 同上 令和2年9月末現在80歳以上長寿の方 年齢別地区別表
  • (誤)野村・北野・住宅 97歳女 0
  • (正)野村・北野・住宅 97歳女 1
  • 同上
  • (誤)南野 90歳女 0
  • (正)南野 90歳女 1
  •                            以上
放送設備更新(9月29日)
  • 今回、放送設備が古くなったので新しく更新しました。卓上型アンプは、60Wの5局スピーカーセレクター他付きです。スピーカーは、今まで移動式だったのを玄関口の左右の柱に取付を行いました。

いきいきサロン(9月24日)

  • 9月のいきいきサロンは、YouTubeから落語と綾小路きみまろさんの毒舌漫談を見聞きしました。
  • 竜川花街道(9月22日)

    • 竜川花街道にサルスベリの花が満開になっております。

「ちびっ子広場」草刈り(9月17日)

  • 副会長と地域環境部長さんが、コミュニティのちびっこコーナーの周辺の草刈りをしてくれました。

第二弾「カワニナ放流」(9月17日)

  • 来年、たくさんホタルが飛び交いますように、会長・副会長・地域環境部長・浅田さんが カワニナを再び取りに行ってくださいました。
    ※ カワニナ科に分類される巻貝の一種。東アジアの淡水域に棲む細長い巻貝で、ゲンジボタルやヘイケボタルといった水生ホタル幼虫の餌としても知られている。

「お楽しみ夕涼み会」インタビュー(9月15日)

  • 先日、「お楽しみ夕涼み会」で市民応援券を利用したので、その件で市からインタビューを受けました。その様子は、10月2日(金)からZTVで放映されます。

カワニナ放流(8月30日)

  • 8月30日 竜川のホタルを増殖させるため
    カワニナを他地区にて捕獲し竜川に放流しました。
    順調に育つよう。。。。。
    竜川の水をきれいに、周辺環境をきれいに
       みんなでホタルを育てましょう。

敬老会(演芸会)中止(8月28日)

  • 本年は、新型コロナウイルス感染防止の為、敬老会行事の内、演芸会を取り止め、75歳以上(9月末現在)の方々に、各自治会の福祉委員より長寿の祝い品とお菓子をお届けする事業(9月上旬)に絞り込みました。毎年、100名を超える方々が集い、互いに交流をはかる演芸会は、どうしても3蜜(密集・密接・密閉)を避ける事が出来ず、誠に残念ではございますが、中止とさせて頂きます。

手摺設置(8月17日)

  • 高齢者向けの安全対策として要望の多かった「手摺」を玄関に取り付けました。

夕涼み会(8月8日)

  •  新型コロナウイルス感染症が収まらない中、今年度初めてコミュニテイ広場
    にて8月8日(土) 幼児、小学生を対象に夕涼み会を開催しました。
     17時30分からバンド演奏「こまつな」の皆様による演奏会をかわきりに
    花火の打ち上げを行い楽しいひと時を過ごすことができました・
    幼児、小学生、父兄、の皆さん、担当役員総勢130名の参加をえることでき
    お世話になりました、ぴよぴよサロン会員の皆様、まち協の役員、青少年育成部
    有志の方々ご協力有難う御座いました。

竜川花街道(8月8日)

  • 青少年育成部会の協力を得て竜川花街道の草刈りを暑い中行いました。ご苦労様でした。

防災計画作成(7月25日)

  • 令和2年7月25日、第2回防災・防犯部会を開催しました。今年度の目玉で
    ある「野村地区まちづくり協議会防災計画」作成についてみえ防災減災センター及び市の防災安全課から作成の目的、手段などの説明を受け本格的に動き出しました。
     参加者はまち協3役、各自治会長及び部員が参加して全体的な防災計画を作
    成に向け熱心に耳を傾けました。
     まず最初の作業は防災マップの作成に向けタウンウオッチングを12の自治会
    ごとに行います。その結果を防災マップにマークし完成させていきます。危険
    個所、消火栓の位置、高齢者の居住状況などをマップに表示し、一目で各自治
    会の内容が表示されます。8月~9月にかけ自治会ごとでタウンウオッチング
    を行っていきますので住民の皆様の積極的な参加を期待しています。

いきいきサロン(7月23日)

  • 新型コロナウイルス感染防止のため、4月から見合わせていた「いきいきサロン」が開催されました。
    普段コミュニティを利用し練習されている「抹茶サークル」の方々にお抹茶をたてていただき お菓子とともに美味しく頂きました。
    色々制限がある中、久しぶりに元気なお顔を拝見することができ、スタッフ一同安心いたしました。
    感染対策をしっかりして、次回は9月に計画しています。

エアコン更新(7月13日)

  • 野村コミュニティセンター設立時、設置したエアコンは、約30年間使用してきましたがついに老朽化したので、個別に操作できるタイプに更新致しました。

教育文化部会(6月27日)

  • 新型コロナウイルス感染防止対策で自粛しておりましたが、この度6月13日防災・防犯部会、
  • 6月20日地域環境部会、6月27日教育文化部会(写真)、総務管理部会・40周年実行委員会が活動を開始致しました。

竜川河川除草作業に伴う通行止(6月25日)

菊花展準備(6月22日)

  • コロナに負けずに
    菊づくりに取り組んでいます

    野村地区まちづくり協議会では毎年11月に伝統の「菊花展」を開催しています。
    出展者が年々減少傾向にあるため、今年度は回覧文書で出展参加者を募ったところ、従来からの出展者のほか、新たに菊づくりを始めたいという方の応募がありました。
     5月下旬から教育文化部の若林秀夫さんが参加者の家を訪れ、苗の植え付け方や肥料の与え方、育て方などを丁寧に指導しています。参加者は、ふだんなかなか学ぶ機会の少ない菊栽培技術を真剣な表情で聞き、菊づくりに取り組んでいます。

亀山市地域まちづくり交流会(2月15日)

  •  令和2年2月15日に亀山市地域まちづくり交流会が開催されました。今回は地域を代表して各まち協の活動を発表する会となりました。
     発表したまち協は、関宿まち協、関南部地区まち協、野村地区まち協、昼生
    地区まち協の4地区が発表しました。当まち協は「児童防犯パトロール隊の活動」を発表しました。内容は青パトの発足、活動内容、成果と課題の内容です。
     最後にこの活動により児童、保護者とのふれあいが活発になり地域の活性化が大きく前進していることをお伝えし、参加者150名から大きな拍手をいただきました。
     今後とも私たち青パト隊は児童の交通安全、犯罪のないまちづくりに微力でありますが笑顔で巡回していきたいと思っています。