傘鉾

かつては、能牟良神社の祭礼として伝えられてきましたが、合祀により現在は忍山神社で執り行われています。例年10月14日の大祭には五色の紙を貼った竹で作られた傘鉾に御幣を立て町内を巡幸し、五穀豊穣や家内安全を願います。沿道の人々は傘の紙を破りとってお守りとして持ち帰りますので、傘鉾が神社に還える頃には骨だけになっています。昭和27年に市無形民俗文化財に指定されています。