羽柴秀吉本陣

大正11年(1583)1月、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)は大軍を率いて安楽峠を越えて敵対する亀山(古城)・峯城を攻略しました。このとき、秀吉が亀山城攻めの本陣をおいた場所と伝えられます。