野村一里塚

① 野村一里塚(国史跡)
 面積凡1.3a、高さ3メートルある、“当代記”には「一里塚五間四方也」とあって随分大型である。慶長9年(1604)徳川家康の命によって亀山城主関長門守一政が築造したもので、東海道一里塚の一つ。県内12ヶ所24の一里塚中唯一昔ながらの原形を保っている。江戸日本橋から106里12町、京三条大橋から17里32町、もと道の両側にあって、正徳元年(1711)の“東海道分間絵図”によると南側の塚は榎三本と記されている。
 「往昔は道の両側に塚あり、塚上に榎ありて両樹繁茂して街道に一大樓門をなせし」という程、立派なものであった。大正3年南丘のものは取去られ、昭和10年時の町長滋野氏が北側の補修をして石の玉垣鉄柵でこれを囲んだ。
 丘上の椋樹(榎と椋とは誤り易い)は周6メートル、高さ33メートル、樹齢370年を算する巨樹であるが未だ樹勢は旺盛である。